脂肪線、セルライトと妊娠線クリーム

脂肪線とは一体なんでしょうか?

shutterstock_184826720

脂肪線とは何か探っていきましょう。

根本的には肉割れ線、妊娠線と同じで、呼び名が違うだけです。
お肌の奥の真皮層が裂けて断裂し、傷跡になってしまった状態です。
体重増加が理由でできてしまった時に、この呼び名で呼ぶのが一般的かと思われます。
ですが実際浸透している呼び名は、

  • 「妊娠線」
  • 「肉割れ線」
  • 「ストレッチマーク」

上記が多いでしょう。

ケアは妊娠線クリームでの保湿とマッサージが大事

shutterstock_57398131

脂肪線、セルライト効果的な消し方は?

消し方も妊娠線と同様に真皮の保湿ケアとめぐりケアが大切になってきます。
表皮の傷だとターンオーバーが早いのですぐ目立たなくなったり見えなくなったりしますが、
真皮の傷跡は、身体の細胞まで働きかけることで目立たなくなっていきます。
根気のいるケアかと思いますが、ターンオーバー力の早い方などは、
妊娠線用のクリームを塗ることで、薄く目立たなくすることも可能です。

セルライトは別物ですが妊娠線クリームで改善する場合も

shutterstock_136814768

セルライトは妊娠線、肉割れ線とは別物です。

セルライトは皮下脂肪の一種。
長期間かけて、脂肪に老廃物がからまって、更に肥大化して悪循環を繰り返してしまうものです。
原因は血流の悪さ、毛細血管のめぐりの悪さです。
基本的にセルライトは冷えやすいところにできやすいです。
なのでめぐり循環を良くしてあげることが改善につながります。

セルライトを消すには

ボディブラシ

セルライトはセルフでも除去できる

セルライトができてしまってもプロの力を借りないと除去できないわけではありません。
よくエステサロンなどで勧誘のため、セルライトは自宅でのケアは難しいようなことを
言うところもありますが、セルライトは自宅で徐々に小さくしていくことが可能です。
セルライトは老廃物がからみついた脂肪なので、血流をよくし、
ほどよい強さでマッサージしてあげることでセルライトは小さくできます。
簡単にできるオススメの方法はドライブラッシングです。
乾いた天然毛のブラシで、(必ず天然毛のもので。イノシシ毛や馬毛のものがオススメ)
足先、手先などの末端からなでるように10回ずつほどブラッシングしていくだけです。
これだけで身体はぽかぽかしていき、このまま入浴することで、
とても血流が良くなり、身体が暖まります。
しかもこのドライブラッシングの良いところが、力を入れないで、なでるようにブラッシングするだけでいいので、
セルライト部分を傷つけずに、上手に流すことができます。
更に妊娠線クリームの中には真皮からめぐりをよくする機能性のあるものもあるので、セルライトの改善にも効果的な場合があります。

妊娠線クリームランキング

2015-02-27 | Posted in 妊娠線タイプ別対処法

関連記事