産後1年で妊娠線クリームケア

妊娠線ができてすぐは赤みがかった妊娠線です。妊娠線クリーム効果も出やすい

shutterstock_198414131(1)

更に少しひどい妊娠線だと肌が凸凹していることでしょう。

この場合、できてしまったことに気付いたらすぐにケアしてあげることがその後の妊娠線の目立ち方に関わってきます。


妊娠線をシミに例えるとわかりやすい。妊娠線クリームの浸透の違い。

shutterstock_171700826

シミができたらすぐにケアするのと同じ

例えば顔のエイジングケアに力を入れている女性だと、シミができたとしたらその時点でシミに効果のある美白美容液を塗ります。
実際にシミはできてしまった当初のケアが重要で、そのダメージを受けた状況の直後の肌に美容成分を入れてあげることで改善できたりします。
妊娠線クリームの中には高級美容液並みの成分が配合されているものもあります。
出来てすぐに妊娠線クリームケアができることが理想です。

できれば妊娠線ができているのが分かった時点で、その箇所の保湿も含めてコラーゲン生成を促せるよう美容成分を与えられるケアをしてあげるごとがベストです。

出産直後は子育てで忙しいかと思いますので無理をしない範囲で気付いたときから少しづつケアをしていきましょう。

妊娠線クリームランキング

2015-02-27 | Posted in 妊娠線時期別対処法

関連記事