妊娠線クリームは妊娠線用なのはなぜ?

妊娠線クリームなどでケアしてないと妊娠線ができる可能性は半数以上

イメージ2

妊娠線とは

妊娠して6ヶ月〜7ヶ月で何もケアをしていなかったら半数以上に現れる可能性のあると言われている妊娠線。
専門的な名称としては妊娠線状委縮(にんしんせんせんじょうひふいしゅくしょう)という名前でも呼ばれます。
妊娠線はお腹が大きくなり始めると表皮は伸縮についていけるのに対して、真皮は伸縮への柔軟性に乏しく、断裂する可能性があります。この断裂してしまった線が妊娠線です。
できてしまった場合や、現在できかけている場合は早めにケアすることが目立たなくするポイントです。
今は妊娠線を目立たなくできる妊娠線クリームが出ているので、それらを日常のボディケアに取り入れることをオススメします。

妊娠線、は人によって線の太さも、数も様々ですが線の太さは約数ミリ〜数センチ。
少ない人はこの線が数本、多い人で数十本とできてしまう場合もあります。

妊娠線ケアするなら妊娠線クリーム

shutterstock_165110378

妊娠線クリームは一般的なケア方法

妊娠線を作らないために、妊娠線予防クリームを塗ることは一般的です。ですができてしまった妊娠線に対しては、最近までケア方法が一般化されていませんでしたが、現在は技術の進歩により、できた妊娠線をケアする妊娠線クリームがあります。妊娠線クリームは簡単にスキンケアで取り入れられるのでオススメです。
マッサージも必要ないものが多いので、ただ塗るだけで簡単に妊娠線ケアができます。

妊娠線クリームと普通のボディクリームの違い

shutterstock_189611009

保湿だけではない

妊娠線クリームを選ぶ際に、特に重きを置いていただきたいポイントがあります。
妊娠線は上記で申し上げたように表皮でなく真皮にできる傷です。
表皮はターンオーバーが早く、傷も治りやすいのに対して、真皮はお肌の奥深くなので、傷自体が治っても跡が残ってしまう場合があります。妊娠線ができてしまったらもう治らない、消えないと言われてきた点はここにあります。
ですが妊娠線クリームはここの点に着目したクリームが多く、一般的なボディクリームの保湿ケアにとどまりません。

妊娠線クリームを選ぶポイント

shutterstock_118332232

肌のターンオーバーを助ける

真皮からのコラーゲン生成を促すものや、ターンオーバーの働きを助ける成分が配合されているものがあります。
妊娠線クリームを選ぶ際に気をつけていただきたいのはこの点です。
真皮からの肌生成を考えた成分を以下にまとめましたので参考にしてください。


EGF.FGF.IGF.プラセンタ.アルギネート.プロテオグリカン.ナールスゲン.ビタミンC誘導体.シラノール誘導体.アシアチコシド.フラーレン.セラミド.etc…※これらはあくまで一部です。

妊娠線は表面だけ保湿していてはあまり意味をなしません。
お肌の奥からケアできるものを選びましょう。

あとは生活リズムを正すことと、急激に体重が増えないように気をつけ、食生活も管理することが妊娠線ケア、そして健やかな肌を保つためには大切です。

妊娠線クリームランキング

2015-02-27 | Posted in 妊娠線の消し方色々

関連記事