妊娠線クリームと比べた妊娠線用オイル

妊娠線クリームでなく妊娠線オイルを使うメリットは?

shutterstock_242246560-2

保湿がポイント

妊娠線ケアで簡単にスキンケアに取り入れられるケアの一つとして妊娠線オイルがあります。
妊娠線クリームに比べて、保湿ケアを十分にできる点が利点でしょう。
あとオイルは伸びが良いので、お風呂上がりにすぐ塗ることで、広範囲の妊娠線に対して保湿ケアができます。

妊娠線ができてしまった人にオススメしたい妊娠線クリームとのダブル使い

shutterstock_148531118

ダブル使いで完璧な保湿を

妊娠線は一般的に皮下脂肪が厚い人ができやすいと言われています。
皮下脂肪は伸びにくいのでお腹の伸縮についていけない可能性が高いからです。
なのでできるだけ妊娠前から皮下脂肪のつきすぎない生活を心がけたり、運動を取り入れたり、クリームを塗る前にオイルでマッサージするのも効果的です。できてしまった妊娠線に対して、クリームの前にオイルを塗ることで成分を浸透しやすくなるブースターの効果もありますので、妊娠線クリームで妊娠線ケアをする場合はオイルを使ってみると良いかもしれません。

妊娠線クリームでなく妊娠線オイルをなぜ選ぶのか

shutterstock_57016907

完全オーガニック製品のみ使おうとした結果オイルに行き着く

オイルは比較的天然成分のものが多いので、その部分も自然派オーガニック嗜好のママに人気が高いです。
ケミカルなものを妊娠中は一切除外するというママも中にはいます。

そういったママからは妊娠線予防ケアでオイルは愛用されています。
ですが妊娠線クリームでも申し上げたとおり、保湿だけでは妊娠線予防として心細いです。
保湿だけでなくお肌の奥から妊娠線予防できる妊娠線予防クリームと併用して妊娠線予防オイルと一緒に使うことで、保湿効果も予防効果も高まり、より良い予防ケアができます。
最近では天然成分の予防クリームもたくさん出ているので、併用するのがオススメです。

妊娠線オイルで人気のあるもの

shutterstock_153342830

昔からある根強いブランド

妊娠線予防オイルの中には美容オイルのような効果を発揮して真皮のケアまでできるものもありますし、
香りも様々なので、香りの好みもふまえて選ぶのが良いですね。
妊娠線予防クリームが無香料のものが多いのに対して、妊娠線予防オイルはさわやかな柑橘系が多いように感じます。人気のオイルをまとめてみました。

ドラッグストアで買えるものだと、傷跡を薄くするので有名な
バイオイル

セルライトにも効果のあると言われている
ヴェレダホワイトバーチオイル

最近では妊娠線ケアで有名な
エルバビーバのストレッチマークオイルや、ノコアの温活オイルも人気です。

好みに合う香りやテクスチャーを見つけて妊娠線オイルは取り入れてみてください。

妊娠線クリームランキング

2015-02-27 | Posted in 妊娠線の消し方色々

関連記事