妊娠初期の妊娠線クリームで予防方法(~6ヶ月)

先手を打つ妊娠線クリームで予防ケア

リラックス女性

早め早めの予防準備を

妊娠線予防ケアは妊娠が確認されてからできるだけ早く予防ケアしていくことが大切です。
平均4ヶ月目〜妊娠線予防ケアクリームを塗ったりするママが多いですが、モデルさんの中には妊娠がわかった瞬間から妊娠線予防クリームを塗り始めた方もいるとか。
それは意識や気分の問題だけではなく、いくつかの理由もあります。
それは妊娠線ができる理由が体重増加やお腹のはりだけではなく、ホルモンバランスが関係しているからです。
妊娠初期から予防ケアとして肌の状態をより良く、できにくい肌にケアしていくことは重要なのです。

例えるなら日焼け予防。妊娠線クリームでできます!

shutterstock_202608763

潤っていると日焼けしにくい

潤った水気のあるものは火を通しにくいのと同じで、お肌が潤っていると日焼けしにくいのです。
これは日焼けの予防でも大切なことですが、日頃から潤ったもちもちの肌にしておくということはダメージを受けた際の軽減にもつながるのです。

妊娠線クリームだけでなく食生活でも意識しよう

shutterstock_149088116

肌の材料になるタンパク質やコラーゲンもしっかり採ること

更にタンパク質やコラーゲンなどだけ採っていても直接肌にはならないのでバランス良くビタミン、鉄、アミノ酸、ミネラルなどを接種する必要があります。
妊娠初期〜6ヶ月目あたりはつわり(悪阻)で食欲がなく、栄養バランスも偏りがちになりますが、できるだけ意識して栄養を採っていくことが大切です。

睡眠も意識しよう!妊娠線クリームの浸透が変わる肌へ

shutterstock_138476117

できるだけ早めに就寝しよう

お肌を美しく保つためには成長ホルモン分泌が欠かせません。
成長ホルモンは深い眠りについてる間に分泌されます。一般的には22:00~2:00の間の分泌が多いとか。
眠る時間帯も意識して、最低6時間は睡眠を取れるようにしましょう。

肌を美しく保つこともそうですが、お腹の赤ちゃんのためにも意識したいポイントですね。

一般的な予防方法は妊娠線クリームor妊娠線予防オイルを塗ること

shutterstock_85058152

一番ポピュラーな予防方法

一般的な常識になっていますが、妊娠線予防クリームorオイルを塗る予防方法が一番ポピュラーです。


妊娠線予防クリームは普通のボディクリームと違って、妊娠線予防に適した成分が配合されています。
保湿するだけなら一般のボディクリームでかまいませんが、妊娠線予防の際は専門のクリームを選ぶようにしましょう。

オイルをプラスすると更に逃がさない保湿ができて良いです。

妊娠線クリームランキング

2015-02-27 | Posted in 妊娠線時期別対処法

関連記事