妊娠中に妊娠線クリームを塗って平気?

妊娠中に妊娠線クリームを塗らないとどうなるか

shutterstock_189611009

妊娠中は肌質が変化している

妊娠中は妊娠線のできる原因欄で述べた通り、ホルモンバランスの変化によって妊娠線が
非常にできやすい状態にあります。
それは肌がどういう状態にあるのかというと、コルチコステロイドホルモンというホルモンの分泌量が妊娠していな状態の女性よりも、妊娠している女性はコルチコステロイドホルモンというホルモンの分泌が大幅に増えていて、このホルモンの影響で、コラーゲン生成力や肌のターンオーバーの働きが抑制されています。

普段よりも肌の代謝がしにくい状態になっているのです。

妊娠中は専門の妊娠線クリームを塗るのがオススメ

shutterstock_118332232

妊娠中は肌悩みが増える時期

肌自体が妊娠していない状態のときよりも肌が弾力を失っていたり、肌荒れしてしまったり。
くすみなどでお悩みの妊婦さんも多いかと思います。
もちろん妊娠線もできやすい状態なので、妊娠線予防クリームを塗ることが妊娠線予防の第一歩です。

妊娠線予防の専門ではないクリームだと表面の保湿はできても、妊娠線のできる真皮のケアにはならない場合があります。

妊娠中は妊娠線クリームよりオイルのほうが良いのではないか?

shutterstock_129121199

専門のクリームで効果的に妊娠中の肌ケア

完全に無添加で、天然オイルのみで妊娠線予防される方もいらっしゃいますが、
専門の予防クリームにはコラーゲン生成を助けたり、
保湿だけでは補えない部分を効果的にサポートできます。

クリーム塗っていくことは、確かな予防ケアにつながるので妊娠線予防クリームで集中的な予防をして、オイルも使用したいときはマッサージや保湿サポートで使用するのをオススメします。

妊娠中に妊娠線クリームを塗ってお腹の赤ちゃんへの影響は大丈夫?

shutterstock_160897484

妊娠中は専門のクリームを、ヘアカラーや精油入りには気をつけて

妊娠線用のクリームは一般的なボディクリームよりも価格が高いこともありますが、
それだけ成分も厳選され、やさしい作りになっています。
もちろんニベアなどのクリームで保湿ケアをすること自体は問題ありませんが、
できるだけ専門のクリームを塗ることをオススメします。
またこれまでクリームを塗っていてお腹の赤ちゃんに影響があったというデータは確認できていません。
普通の化粧品に配合されている成分で赤ちゃんに影響の出るほど毒性の強いものはそうそうありません。
もしそのような成分が配合されていたとしても配合量としてはわずかな微量です。
誤解のないよう解説しておきますが、化粧品というものは、
肌(表皮、真皮まで)に浸透して、肌の力をサポートするように作られていますが、
経皮吸収される(肌から浸透して血管にとりこまれる)ことはほぼありえません。
ですがヘアカラー剤などはお母さんの体内に蓄積する可能性がありますので、
控えたほうが懸命かもしれません。

あと気をつけることと言えば、妊娠中に使用禁止されている精油があるので、
下記精油入りの化粧品(アロマオイル、ボディオイルなど)の使用は控えましょう。

  • ケトン類
  • フェノール類

主に…アンジェリカ、アニス、オレガノカンファー、キャロットシード、クローブ、ジャスミン、スパイクラベンダー、ラバンジン(ラベンダースーパー)、セージ、タイム、タラゴン、バジル、フェンネル、レモングラス、レモンユーカリ、 クローブ、ジャスミン、セージ、タイム、バジル、フェンネル、レモングラス

妊娠線クリームランキング

2015-02-27 | Posted in よくある妊娠線の質問

関連記事