ビタミンC誘導体×ファンコス×妊娠線への効果

妊娠線の最新の予防&できてしまったケア方法

妊娠線クリーム口コミ妊婦お腹

妊娠線予防クリームは近年続々と新しいものが出てきていますね。
そんな中、どれを選んだらいいか悩んでいる方も多いかと思います。
妊娠線クリームは一般のボディクリームよりも少々値が張るもの。しっかりと事前に比較したいですよね。
今回取り上げたいのは最新の妊娠線予防&できてしまった妊娠線にも効果のあるとされている
次世代の成分であるビタミンC誘導体×ファンコスです。
正式名称は【FUNCOS(ファンコス)C-IS】

一般にはフェイス用の美白美容液などに使用されることも多いビタミンC誘導体ファンコスです。

 

ビタミンC誘導体×ファンコスの最強効果

shutterstock_103289471_2

効果としては下記のとおりです。

 

  • 保湿
  • コラーゲン生成促進(弾力UP)
  • メラニン抑制・分解(美白効果)
  • 抗酸化(老化防止)
  • 引き締め

 

注目すべきはビタミンC誘導体ファンコスは従来のビタミンC誘導体に比べて格段に浸透力が上がってます。

その差はなんと200倍の浸透力です!

ビタミンC誘導体×ファンコスの200倍の浸透力の凄さ

妊婦お腹赤ちゃん

妊娠線はお肌の深い部分である真皮の層が急激なお腹の成長により裂けてしまいできてしまいます。
ですが実は原因はそれだけではありません。
妊娠線は妊娠時のホルモンバランスの変化で、お肌のコラーゲンが減少してしまい、
ダメージを受けやすい肌になっているのです。

なので、表面だけの保湿の妊娠線予防ケアでは万全な妊娠線予防とは言えません。
真皮の層からのコラーゲンケアが妊娠線予防の要となってくるのです。

その点で、ビタミンC誘導体ファンコスは200倍の浸透力を持ってるので、
妊娠線のできる肌の奥、真皮の層まで届き、妊娠線予防ケアできます。

これからの妊娠線予防ケアでビタミンC誘導体ファンコスはなくてはならない成分となっていくでしょう。

一般的な保湿成分とビタミンC誘導体ファンコスの差

妊娠線クリームボディクリーム

一般的な妊娠線予防クリームには保湿成分がふんだんに含まれています。
例えば下記のような保湿成分です。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • これらで表皮は潤いますが、真皮までは届かないのです。

    しっかりと妊娠線のできる真皮まで有効成分を届ける成分が必要です。

    その点でいうとビタミンC誘導体ファンコスは200倍の供給力で真皮まで届き、表面だけでないお肌の奥からの保湿ができます。

    できてしまった妊娠線にも効果がある

    shutterstock_137225990

    更にビタミンC誘導体ファンコスの凄さは妊娠線予防だけに留まりません。
    一般的に妊娠線は真皮にできるものなので、できてしまったらずっと傷は残ると言われてきました。
    ですがビタミンC誘導体ファンコスは真皮からケアできます。
    これは、従来できてしまった妊娠線は消せないと言われていたので、画期的な先進の技術です。

    できてしまった妊娠線に悩んでる方は試してみてください。

    botan4